振袖は未婚女性のもの?

身に付ける本人と振り袖の相性も大事ですが、実を言うと周りとのバランスも考えに入れないといけません。特に成人式は周辺にも大勢の女性たちが集まります。周辺の女性たちが身にまとう振り袖の色合いも少しは予想して、その人ごみのなかでも自分だけがいかに美しく目立つかを考慮してみるといいです。
伝統的な柄の振袖を着るか現代風のものを着用するか迷っている方もたくさんいると推測されますが、自分の好みといずれが似合うかを十分に考えて決めることをおすすめします。そうするには他の人の意見も聞くようにして、それを踏まえて決断することが最も良くて、その人だけで決めると後悔することになるかもしれません。
バストの発達している女性は、バストを無くすためにさらしや和装用の下着を身に付ける必要が出てきます。カップの入ったブラジャーなどでバストを強調するのではなく、胸を思い切りぺちゃんこにならす必要が出てくるのです。その状態で肌襦袢を羽織って、いろいろと重ね着をしていきます。
このごろはインターネットに振り袖のカタログが載っています。初めて振り袖を選ぶ場合は、母親とあなたで一緒に専門のカタログを眺め、その上でお店に行き、頭の中のイメージをプロのスタッフに伝えてみるといいです。その上で試着を繰り返し、その中からどれかに絞っていきましょう。

時々振り袖のレンタル店で巾着を推薦される場合があるのですが、振り袖には通常和装向けの鞄が合います。とりわけ成人式や結婚式などフォーマルな場所に振り袖を着ていくときには、巾着ではなくて鞄がしっくりきます。それでも巾着を選ぶのならば、草履のカラーと統一するといいです。
可愛い今風の振袖が近年では販売されていて、成人式の中でそれを着たい女の子もたくさんいると思うのですが、わざわざ今風の振袖を新調しなくても、親から頂いたものをアレンジして可愛く変えるやり方もあるので覚えておくといいと思います。最近ではアレンジしてくれるお店はたくさんあります。

ご自分の振り袖にどのような草履を持ってくるかでそうとう印象が変わってしまいますが、いずれにせよ最大のポイントは履きやすさになります。どんなに素敵でも履き心地が悪いとちょっとつらくなってきます。歩きにくくては姿勢や表情にも出るので、履き心地を一番に考えてください。
まさに振り袖もファッションです。振り袖の絵柄に、袋帯、草履、帯締、髪型などの取り合わせが、着る人のおしゃれ度を決定します。洋服よりもはるかにファッションの要素が強いと言えます。ちゃんと規則を学習しないと駄目です。生まれて初めて振り袖を身に付ける前にちゃんと勉強をするといいです。

Leave a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*